» 事故の弁護士 » 犬にかまの弁護士

犬にかまの弁護士

犬の咬傷の原因

犬はいくつかの理由で人々を攻撃できます: 保護 (保護フード, 子犬, 休憩所や所有者); 挑発 (誰かが意図的にまたは意図せずに犬を引き起こします); 事故 (尾を踏ん, 子供がラフプレー, 等); 狩猟本能 (離れて犬から実行しようとしているか、大声で遊びをもって犬を怖がらせます); 支配の侵略 (犬から何かを取るしようとしています, それをペットや犬の意志に反してそれを保持); 守備や恐怖侵略 (それは恐れているときに犬があまりにも急速に接近します); 痛み誘発侵略 (それは痛みがある、または負傷したとき、犬に近づくか、触れないようにしよう); そして、罰誘発侵略 (ヒットしようとすることで呼び出されました, キックまたはそうでなければ、犬を罰します).

可能なけが

犬の咬傷がbiteがどこにあるかに応じて、けがの広い範囲につながります.

被害者は裂傷が発生する可能性があります (不規則な涙のような傷), パンク, 破砕型負傷, 神経損傷, 捻挫や筋肉の緊張, 組織損失および剥離 (離れて引き裂きます), 傷跡, 骨折した骨, 指の怪我, このような鼻など顔の負傷, 目や他の顔disfigurements, 刺し傷, そして致命的なことができ、このような狂犬病などの感染症は、医師の診察を与えられていない場合. あなたは犬にかまれている場合, 医療専門家の助けが、その道を進んでいる一方で応急処置が最も有用です: 暖かい水で傷口をきれいにし、軽く絞って、それを出血.

犬の咬傷の原因

犬の咬傷統計

幾つかある 78 万人以上の責任米国の犬 4 百万一口例毎年, 800,000 医師の診察を必要とするの.

残念ながら, 犠牲者のほとんどは子供であります, それらの半分は約生じさせる顔にかまされています 40,000 年間顔面負傷. 悲しい事実は終わりました 70% 子供をかむ犬の家族に属しています. 犬の大部分は、雄性イヌあります, ほとんどすべてのは去勢されていません. 刺されのほとんどは (オーバー 70%) 四肢に現れます (武器, 手, 脚と足).

何をすればよいでしょうか?

犬にかまれた場合, 以下の非常に重要なステップに付着. 最初, 医師の診察を受けます. 二番, 動物コントロールに事件を報告し、狂犬病の予防接種をチェック (同様に医療専門家に報告).

三番, 怪我の写真を撮ります, 犬, シーンと、おそらく証人 (自分の名前をテイクダウン, 数字, 等). 最後に, あなたの負傷が深刻であれば、あなたの傷害弁護士を呼びます, そうでなければ、小さな裁判所に行くと自分でケースを処理することができます. あなたは犬の所有者であれば, あなたの犬は去勢しています (それは雄犬である場合), ワクチン接種、よく確認してくださいそれは人々の周りに快適であることを確認するために訓練.

どのようなミス私は回避しなければなりません?

犬を扱うときに、いくつかの黄金のルールがあります。: 眠っている犬を邪魔しません, 食べたり子犬と; 奇妙な犬と遊ぶ、決して彼らが健康であると仮定しないでください; いじめるないか、または緩い犬を追いかけるん; 頭や尾の犬をペットません; 犬から逃げるか、彼の周りに素早く移動しようとしないでください; 犬はあなたを攻撃しようとした場合, それが去るまでじっと; 犬の目を見つめするのは良いアイデアではありません.

犬にかまれないようにする方法?

一つは犬の咬傷を防ぐために行うことができますがたくさんあり​​ます: 常に犬が不親切であると仮定し、決してなじみのない犬に近づきます; ボディランゲージは、犬の視点からすべてです – 決してまっすぐに犬に近づくないか、目に犬を見詰めます; 眠っている犬や食べているものを邪魔しません; 服従訓練を通してあなたの犬を入れて、犬が人を満たすことができ; 現在のあなたの犬の予防接種を保ちます; 暴力と厳罰にあなたの犬をかけることはありません, 良い行動のための報酬と賞賛; 常に綱やフェンスで囲まれた領域にあなたの犬を飼います; 犬はあなたをノックダウンするとき, あなたの胃とあなたの首のエリアを保護するためにあなたの首の後ろに連動指に押し込めあなたの膝でボールにカール.

動物管理法

ほとんどの州では、次の共通の要素を持っている動物管理法を制定しています: リーシュ法 (あなたの犬は、所有者の財産オフリーシュ上になければなりません、あなたはひものもう一方の端にある必要があります); 不法侵入 (犬が所有者の許可なしに、私有財産を入力できるように犯罪です); で、大法則 (犬が束縛されない限り、犬は所有者の財産オフになるためにそれが違法です, 閉じ込められた者または所有者の制御下で、).責任rulesCompensationは、1つまたは複数の以下のすべてのルールの下で回収することができます: 一口ルール (彼は犬が人をかむする傾向があったことを知っていた場合、所有者は、損害賠償の責任を負います – なお、一口は必ずしも必要ではありません, ダウンをノックまたは同様のカウントをトリッピング); 過失 (所有者は、このようなリーシュ法として、彼は動物管理法に違反した場合に過失があっ, 大規模または不法侵入法で実行されています); 法的責任 (状態の約3分の2が法定責任法を持っています.

どのような損害覆われています。?

損害賠償のかなり大きなセットが覆われています: 苦痛, 永久的な瘢痕, 身体障害, 稼得能力の喪失, 生活の質の損失, 医療費, 化粧品サービス, カウンセリング, 衣類, そして、所得の損失.

興味深い質問は損害賠償を支払う人であります: ホームの所有者または賃借人の保険, 商業責任保険, 従業員を対象と保険, 家主の保険, 同様に被告.

Leave a Reply

によって設計された テーマジャンキー · 搭載 ワードプレス