» 事故の弁護士 » 自転車事故の弁護士

自転車事故の弁護士

事故の原因

自転車事故の多くの原因があります。: 悪い道路状況 (甌穴, ルーズグラベル, 草で覆われた道路, 等), 歩行者, エラーに乗って, 一時停止の標識を無視, 酔ったライディング, そして、サイ​​クリストのパスで車のドアを開けます. 死亡事故の原因は、オン来るトラフィックに私道を出る含みます, 通過車両の前で左折, 自転車乗りを追い越しドライバー, 道路の反対側を走行, 自転車のコントロールを失うとトラフィックに曲がります, そして、様々な運転手のエラーはサイクリストをヒットさせます.

事故統計

自転車に乗って統計によって証明されるように、低リスクであります: 最新の統計によると, 約がありました 50,000 自転車事故, 630 またはそのように致命的でした, おおよそ約 2% すべての自動車による死亡の. ほとんどの死亡事故は、都市部で発生します, 大部分は頭部損傷で.

衝突で自転車で道路た後、男性ドライバーのクローズアップ

すべての死亡事故の平均年齢は約あります 40, すべての怪我のことだけであるのに対し、 30. 統計はまた、適切に取り付けられたヘルメットが約によって頭部外傷を減らす行うことが明らかになりました 70-80%. 残念ながら, アルコールは、バイクのクラッシュで重要な役割を果たしてい: 症例の約三分の一にドライバまたはバイカーのいずれかが上限よりも高い血中アルコール濃度を持っていました.

私は事故の場合には何をしなければなりません?

あなたは自転車乗りに行くとき, 常にあなたの携帯電話を運びます, 緊急連絡先と個人情報.
事故であれば, 警察を呼ぶ, 相手との情報交換, シーンの写真を撮ります (携帯電話は便利来ます), 目撃者とその情報を得ます, 事故直後に現場に医師の診察を受けと, 事故報告書を提出します, あなたの負傷が深刻であると思われる場合, 傷害弁護士を呼びます.

どのようなミス私は回避しなければなりません?

ヘルメットなしで乗るしないでください, iPodのを着用しないと、走行中にオフに表示されません. あなたは事故である場合, 警察が調査する機会を得たまで、あなたの自転車を移動しないでください, 障害の問題を議論しません, あなたは法的助言を求める機会があったまで、任意の文を作るか、または署名します, シーンに保険アジャスターと交渉していません.

事故を防止する方法?

自転車事故を防ぐために行うことができますがたくさんあり​​ます. ドライバーに自分が見えるように、フロントとバックライトをゲット. あなたが歩行者を打つことができるよう、これまで歩道に乗っていないとあなたが私道から撤退車でヒットすることができます. 必ずヘルメットと明るい服を着ます, すべての回であなたの周辺に注意して, 緊急時に破壊する準備ができて手や指で乗ります, 断定行動し、道路のあなたの部分を主張, 安全運転からあなたをそらすことになる音楽ガジェットのイヤホンの使用を控えます.

いくつかの法的なアドバイス

自転車事故は、製品を含むことができます, 人身傷害およびレンタル負債. 障害があるか、誤動作製品, e.g. 不適切に設計、製造ブレーク, メーカーに責任問題を作成することができます. けがの責任は、過失の結果であり、これはあなたが住んでいる状態とあなたのせいではレベルに応じて, あなたがまたは補償を得られない場合があります.

レンタル自転車の場合, バイクはproperly.The最高のアドバイスを続けされていない場合は、責任レンタルパーティーを開くことができるかもしれません, しかしながら, あなたは自転車の事故があった場合には無料相談のための私達の傷害弁護士に連絡することです.

Leave a Reply

によって設計された テーマジャンキー · 搭載 ワードプレス